開運道 TOP


大原幽学 こちらへ
江戸時代末期の農村指導者として生きた大原幽学は、剣豪にして易学者。大塩平八郎の乱、 天保水滸伝など幕末の黎明期に庶民の味方として圧政と闘い、 幕府転覆の企みありとの嫌疑を受けて波乱の生涯を遂げた革命児。 幕末の夜明け前を追ったのがこの小説です。
 
坂本龍馬 こちらへ
幕末の異端児としてその名を残す坂本龍馬。三十一歳の若さで刺客の白刃に命は絶たれたが、 日本の夜明けに暗躍した龍馬の功績は今もなおまぶしいほどに輝いています。
その坂本龍馬とお龍との愛・・・それらをつぶさに検証したのがこの小説です。
 
闇奉行帰雲・始末状  
病気静養と称して町奉行の職を去った遠山金四郎景元は世俗を離れて僧となり帰雲と名乗った。
やがて尺八を手に江戸の町をひっそりと托鉢して歩く虚無僧の姿が噂に上がった。
それと並行して凶悪事件が姿を消してゆく。それに帰雲がどう絡むのか?
 
縄文幻想  
近日公開乞う期待!

開運道トップへもどる