Welcome Guest 
メインメニュー
サイト内検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

自然のいのちの青春  石川洋志

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015-12-4 17:04 | 最終変更
nbg-toukou  長老   投稿数: 296
   自然のいのちの青春
                      作 石川洋志


 小さな森の表情はいつ来ても飽きることがない。透明な朝の光の中に、一輪の白い野ばらが咲いている。
眺めていると身の近くに置いておきたくなった。ソッとその
ままにしておきたい気持ちと、己の欲望で身の近くに置き
たい心が葛藤。洋一は”ごめんね!”と、一言。可憐な白
い野ばらの茎をティシュに包んで持ち帰った。
 机上の花瓶に挿した白い野ばらは一日でしぼんだ。
翌日、机上を見て驚いた。白い可憐な野ばらが朝の光の
中で輝いている。昨夜、妻が枯れた花をとり、水を入れ替
えた。ツボミが三つあったという。ある瞬間生きようとする
自然のいのちのたくましさに、青春を想った。自然のいのち
はどんなものにも、いのちの燃える青春を持っている。
 洋一は己の欲望を恥じながら、白い可憐な野ばらが教
えてくれたいのちの青春に”ありがとう”と呟いた。


推奨数:1 平均点:10.00

  条件検索へ


XOOPS Cube PROJECT