Welcome Guest 
メインメニュー
サイト内検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
[ リロード ]   [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最新 | ヘルプ ]

Counter: 3771, today: 3, yesterday: 1

先生方の作品集

青春の彩り摩周丸

作詩 桐山健一

     陽光はさざ波をキラメカす
     海を渡る潮風は
     心がときめいた
     遥かな青春の希望の薫り

     摩周丸は
     始めて見る北の国へ
     青春の心を踊らせた

     自然への畏敬をもった
     心にかすみのない
     青春の彩りの
     航海だった

     今 函館山の雲間からさす光りは
     海面を虹に染める
     遥かな青春に
     僕は語りかけている

     微かな揺れを感じ甲板にでる
     冷たい潮風
     12メートル下の海面を見る
     すくむ足に歳月は走る

摩周丸の歳月

作詩 桐山健一

     “取舵一杯”
     180゜視界の操舵室
     素朴で無邪気な心は
     舵を左へ一杯回す

     函館山を覆う
     イワシ雲が流れる
     ポッカリ開いた青空
     真赤な光の帯は海を染める

     デッキに出る
     冬の潮風は頬をよぎる
     対岸に赤茶色の貨物船
     心の歳月は
     12メートル下の海に足をすくめる

     40年前の摩周丸
     夢だった一等船室に入る
     コーヒーの香りは
     霞んだ青春を彩る


XOOPS Cube PROJECT